英文解釈入門

英文解釈の理論と実践

TOEIC LR 45 点あがった

 9 月に受けた TOEIC の結果が出ました。860(445+415)でした。前回はじめて受験した 6 月の第 240 回からは +45 (+5,+40) でしたので、ジャンプ・アップしたと言っても良いと思っています。僅か三ヶ月で私の英語力が伸びた訳ではなく、単に TOEIC に合わせて時間配分を考えただけです。なので、今更そんな人少ないと思いますが、この記事は TOEIC をはじめて受験しようとする人に特に役立ちます。また、リーディングが終わらない人にも一時凌ぎとして少し役立ちます。次回は 12 月、第 246 回を受験予定です。正直、TOEIC のようなマーク式で時間圧迫タイプの試験はあまり好きでない私にとっては、三ヶ月に一度の定期検診的な何かです。

 

はじめに

公式問題集で出題形式を確認

 初回受験(ノー勉)以降にやった問題集は、次の通りです。リスニングの公式問題集(15/20 課分)と、リーディングの公式問題集(8/20 課分)をやりました。韓国過去問の LC と RC を一回ずつ、合計一回分時間を計ってやりました。いずれもガッツリやった訳ではありませんが、出題形式を把握するためにやりました。

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編

公式 TOEIC Listening & Reading トレーニング リーディング編

ETS TOEICの定期試験既出問題集LCリスニング 新TOEICの出題機関の最新の既出独占公開

ETS TOEICの定期試験既出問題集RCリーディング 新TOEICの出題機関の最新の既出独占公開

 

1. 初回受験からの改善点

リスニングの改善:頭から集中して聴いた!

 前回は、無意識にですが大学入試的に問題の先読みをやっていました。しかし、今回は先読みをせず、音声に集中して頭から一語一句聴き逃さないようにしました。リスニング問題の難易度は第 240 回よりも随分難しかったので、正答率自体は落ちていますが、運営側で割と大幅な得点調整をしてくれている可能性が高いということが判りました。 

リーディングの改善:読む量を減らした!

 前回の初回受験のときは、リーディングが終わりませんでした。解答用紙でいえば、二列分は塗り絵だったはず。今回も、Part 6 が終わった時点で 5 分ぐらいしか余裕がなかったのでちょっと焦りました。そのとき、何の気なしに判断したのですが、消去法で解くのをやめました。つまり、選択肢は a, b, c, d とありますが、本文を読んでおそらく a だろうと判断された問題については b, c, d の選択肢はスルーして英文を読む絶対量を減らしました。最後の問題をマークし終えたときに 5 分余っていたので、この作戦は(本来はやるべきではないけども今回に限っては)功を奏しました。

 

2. 今回の反省点

リスニングの反省点:演習の後始末に問題あり…

 試験中の反省点はありませんが、時間を割いてたくさん問題を解いた割にスコアは上がらなかったので勉強の仕方がまずかったと判断されます。自学自習するにしても、スクリプトをきちんと確認し少なくとも「どこが、なぜ聴き取れなかったのかの特定」「聴き取れたのに意味を知らなかった語句の記憶」については故意にスルーしていたので、次回はここをしっかりやって試験に臨みたいと思っています。慣れという観点から言うと、リスニングは頭打ちっぽいです。

リーディングの反省点:速読と語彙が弱い…

 試験中の反省点はありません。むしろ現段階の実力に対しては良い判断ができたと思います。ただ、選択式の試験では消去法を徹底しないと精度はやはり落ちるので今後の改善点として速読がキーになることは間違いないと思っています。対策としては、単純に「全問題を終わらせる」ことが目標だったので、その分のジャンプ・アップもあり計画は適切だったと思います。速読のためにも、精度を上げるためにも、TOEIC に必要な語彙を強化することも必要です。

 

3. 次回以降の展望

リスニングの展望:演習のやり方を学ぶ!

 リスニングの勉強なんて、生まれてこの方やったことがないので、高得点者のブログやツイートにある勉強法を参考にして、この本で演習のやり方を学ぶことにしました。内容については十分有名ですし、著作権的なものあるので書きませんが、どれも私がやったことのない訓練なので、見たこともない結果が得られることを期待しています。 この本で紹介されている方法を、公式問題集にも応用しようと思っています。ちなみに、アルク社のツイッターで知ったのですが 499 円の安売りだった日に購入しました。一日で終わっちゃったけどまたあるのかな。

TOEIC(R)L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング1 (TTT速習シリーズ)

TOEIC(R)L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング1 (TTT速習シリーズ)

 

 

リーディングの展望:演習の品質をあげる!

 リーディングの勉強はやってきており、難解な文章に対する戦力には多少の自信はありますが、速読がイマイチというのがガンになってかなりヤられているので、速読できるようにしようと思っています。結局、公式問題集や韓国過去問の地味な地道な精読と音読の繰り返しになりますが、得意なはずのリーディングでなかなか点が取れず(自分に)怒っているのもありモチベーションは続く見込みです。語彙については公式問題から吸収しつつ、余裕があれば評判の良い単語帳でチェックしてみようと思っています。

 

まとめ

 今回はリーディングを全て終わらせたことで、比較的大幅にスコア・アップしました。英語学習歴は 20 年を過ぎましたが TOEIC についてはまだまだヒヨコなので、時間配分や戦術を修正するだけで 50 程度のスコア・アップなら期待できることが分かりました。少しずつ傾向は解って来たけど「迎え撃つ」レベルには到底達していませんので、まだまだ勉強・経験不足であることは否めません。ということで、まだもう少しは伸び代もありそうなので、テクニック系の本は一旦スルーして、正統的なお勉強すなわち公式問題集の研究でしばらく様子を見ます。