文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

日報_20190409

進まな過ぎて草。

「ラジオ英会話」は自分の中でようやく扱い方が固まってきた。『一億人の英文法』とうまく絡められれば良いけど、新年度でバタバタしててなかなか進められてない。

07:30-25:00

  • ラジオ英会話

https://www.instagram.com/p/BwCfzN4gRnp/

朝食気味な夕食。

「ラジオ英会話」わたくしてきレシピ…というか、「ラジオ英会話」用に少しだけカスタマイズしてはいるものの、外国語はだいたいこうやって学んで来た。

ちなみに、雑誌は Kindle 版、音声はアプリで購入してます。金持ちw

  1. 聴く(ダイアログの文章は出来るだけ見ないで、頭の中で画を思い浮かべる。余裕があれば日本語訳を作る、通訳する。)
  2. ポイントの文章を理解する。大西先生がちゃんと説明してくれるので、理解できないことは、まあなさそう。
  3. 英作文のコーナーはちゃんと考えるが、音声は止めない。現実の会話は止められないので。1-3 を行き帰りの電車で合計 2 回以上繰り返す。実績としては、3, 4 回やってる。
  4. 家でポイントの文章を紙に書いて英作文してみる。(間違って覚えないため)
  5. 少しでも違ったら、10 回以上読む。★多分この工程が一番勉強になる。
  6. 間違った文章は再度紙に書いて英作文リトライ。
  7. 正しく書けるようになったら、反射的に正しく言えるように順番をランダムにして瞬間英作文。ここは喋るだけ。
  8. ある程度時間が経ったら、またテストしてみる…まだやってないけど。テストのために、自分が複数回間違えた英文は控えておく。

シャドーイングもやった方が良いとは思うけども、リスニング得意だったら、シャドーイング教材としては簡単過ぎるので、音声は専ら発音確認に使う。