文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

整数で遊んだ

通勤の電車の中で『数学ガールの秘密ノート 整数で遊ぼう』(以下『秘密ノート整数』)を読み終わりました。なお、練習問題や巻末の研究問題はやってません。そのうちやります。

プログラマの数学』を読みつつすっかり数学にハマっています。勢いで購入した数学Aの教科書で「整数」を進めているので、『秘密ノート整数』を読んだ次第です。同時並行で勉強している情報処理でもユークリッドの互除法アルゴリズムが練習問題になっていたりと、なかなか良い感じでひとりシンクロしています。

さて、『秘密ノート整数』ですが、高校を理系で出た人(私含む)だと、覚えていることが多くて、本筋の『数学ガール』シリーズと比較すると腹八分目…六分目ぐらいかな…な感じでした。

整数なのに数学的帰納法が登場するところは興味深かったです。というのも、受験数学をある程度やった人間なら、数学的帰納法は完全に数列の話で、整数はよく分からないけど解法パターンを覚えて、あとは入試に出たらアドリブの地頭勝負だったので。今見ても、引用されているセンター試験の問題は数列の問題にしか見えなかった…。問題としては易しいので、整数という裏テーマに気付かないまま塗り絵してたんでしょうね。センター試験…というか、試験全般言えますが味わう時間ないですからね。

ほんの難易度的には、そう高くないので中学受験で超のつく難関校を受ける小学生は読むと表面的な読書でも結構タメになると思います。「規則性を見つける」って中学受験のテーマとしてよくあるので。高校数学だと、規則性を見付けた後にもう一作業あったりするので…数学的帰納法も何パターンかあるし、漸化式が立っても解き方は結構いっぱいあるし…なので、表面的な読書というよりは、一歩踏み込んだ読解が必要かもしれません。これは自分にも言えることだと思っています。5 章めの後半の別解は思いもよらない解き方だったので面白かった。

情報処理試験に必要な数学としては、色々とオーバーワークになって来たので、自重しつつ、時間無制限の楽しい数学ライフを満喫することにします。

次は何読もう…微積を早く読みたいけど、流石に手を動かすことになると思うのと、いま行列勉強してるからベクトルかなあ。12 冊あると迷いますね。