文系の夫

文系は作者の気持ちでも考えとくわ


文系は作者の気持ちでも考えとくわ

DUO 3.0 再読

 通勤の電車が超満員電車で、仕事に関する技術書(基本的に大判)は読めないことが判りました。それでは、通勤時間をどう有効活用しようかと考えた結果、小さい本を読むことにしました。具体的には『DUO 3.0』という英単語・熟語集です。
 電車内で運良くスペースが確保できたら復習用 CD のオマケである豆本を読めますし、運悪くスペースが確保できなければ CD を聞き流します。

  太古の記憶を辿ってみると、この本は確か高校に上がった最初の英語(読解)の授業で配られました。派手であまり参考書っぽくない本だったので「何これ?」と思った記憶があります。 

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 母校では英語(読解)の授業のはじめ 15 分で毎回小テストがあり、それが卒業まで続きました(途中でもう一冊が追加されました)。そんなこんなで、英単語を覚えるのは嫌いですが、覚える気がないのに最終的に覚えてしまった本です。(教育って素晴らしい!)

 大学入試の英語単語帳としては、そうレベルの高い本ではないですし、『DUO 3.0』の目標とする TOEIC のスコアやら英検のレベルやらには既に到達済みで、本来ならば「卒業した」本とも言えます。しかし私は数年間英語を使っておらず、加齢による記憶の抹消も進みつつありますので思い出すには丁度良いかなと思っています。一度覚えた知識を完全に忘れるのはもったいないですし。

 仕事に関係する技術書で、満員電車でも読めそうな本が見つかるまで、粛々と単語を覚えます。